なかなか借金が完済できないときは債務整理をしてみませんか?

なかなか借金が完済できないときは債務整理をしてみませんか?のメインビジュアル画像

債務整理の手続きの種類

残りの現金

一口に債務整理といっても、手続きに三つの種類が存在しています。借金を合法的に減額できる債務整理ですが、一体どのような種類があるのでしょうか。債務整理をしようか検討している人は知っておきましょう。

過払い金を請求できる

沢山の1万円札

債務整理の手続きの一つである任意整理をしたときは、必ず利息の引き直し計算が行われます。このときに払いすぎた利息がある場合、過払い金として請求できる場合があります。過払い金請求とはどのような手続きなのでしょうか。

借金を合法的に減らせる

何か閃いた

借金がどうしようもないなら債務整理のことを詳しく解説しているサイトを見れば解決できるかもしれません。

何らかの理由で借金をしてしまった……日本の中には、そんな経験をしたことがある人もいると思います。
借金をしたときは借りた分のお金をしっかり返さないといけませんが、中には返済しても返済してもなかなか完済できない状態になってしまっている人もいるのではないでしょうか。
借金を完済できない状態が長く続いてしまうと生活にも大きな支障が出てしまいますし、悩みや不安もどんどん大きくなってしまいますよね。
でも、借金をした自分が悪いのだから……と抱え込んでしまう人もいるかもしれませんが、ちょっと待って下さい。
その借金、債務整理をすれば減額することができるかもしれません。

耳にしたことがある人も多いかもしれない債務整理。
あまりよく知らない人のために簡単に説明すると、債務整理というのは借金の問題などを司法書士や弁護士に依頼して、債権者と交渉する手段のことです。
将来利息のカットや払いすぎた利息の返還、借金の減額などを行うことができ、言ってしまえば合法的に借金を減らせる手段であるといえます。
抱えている借金を減らすことができれば、完済することもできるようになりますし、借金に関する悩みからも早く解放されるようになりますよね。
借金の問題は自分一人でなんとかすることは大変難しいので、一人でなんとかしようと抱え込んでしまうのではなく、司法書士や弁護士に思い切って相談するのが一番だといえます。
債務整理をして自分が抱えている借金を整理し、少しでも早く完済できるようにしましょう!

依頼する弁護士の選び方

資産を現金化

債務整理を依頼するときは司法書士か弁護士に依頼することになりますが、オススメは弁護士への依頼です。ですが、弁護士にも良い弁護士と悪い弁護士がいますよね。弁護士を選ぶときのポイントをご紹介します。

popular contents

財布が空っぽ

「なかなか借金が完済できないときは債務整理をしてみませんか?」のコンテンツ一覧です。

関連するサイトへのリンク