債務整理の手続きの種類 | なかなか借金が完済できないときは債務整理をしてみませんか?

なかなか借金が完済できないときは債務整理をしてみませんか?

債務整理の手続きの種類

残りの現金

抱えている借金を整理することで合法的に借金を減らし、完済しやすい状態にすることができる債務整理。
司法書士や弁護士といった法律のプロに相談して借金の問題を解決する債権者は、債権者よりも債務者を救済するための制度であるといえます。
なかなか終わらない借金を抱えている人にこそオススメしたい債務整理ですが、実は一口に債務整理といっても、手続きに種類があることをご存知でしたか?
債務整理について知っておきたいと考えている人も、債務整理を検討している人も、手続きにはどのような種類があるのか知っておきましょう。

債務整理で行う手続きは、主に任意整理、個人再生、自己破産の三つになります。
それぞれの手続きには特徴や違いがあり、任意整理は貸金業者と弁護士の交渉で利息をカットし、月々の返済額を見直すというもので、裁判所を介さないという特徴があります。
そのため、リスクやデメリットが少なくなっており、最も利用者が多い手続きになっています。
個人再生は裁判所を通して、3年で完済できる金額に借金を圧縮する手続きで、継続した収入を得ていることが条件という特徴があります。
最も負担が大きいのは自己破産で、裁判所に借金の返済ができないことを伝えることで返済を全額免除してもらうことができる手続きですが、借金がなくなるかわりに自分の財産も失ってしまいます。

また、債務整理の手続きは特定調停という手続きを含んで、四つと説明する場合もあります。
特定調停はあまり知られていない手続きなのですが、裁判所が債権者と債務者の話し合いを仲裁して返済方法などについて合意が成立するように働きかける手続きです。
このように、債務整理の手続きには様々な種類があるので、しっかり覚えておきましょう。

popular contents

財布が空っぽ

債務整理の手続きの種類

残りの現金

過払い金を請求できる

沢山の1万円札

依頼する弁護士の選び方

資産を現金化

借金を合法的に減らせる

何か閃いた